著しい感動の色が浮んだ

 提督の顔にも、著しい感動の色が浮んだ。彼の心が、二人の日本青年の利益のために動いたことは確からしかった。彼は、やや青みがかっている顔を上げて、一座を見回した。「ほかに意見はありませんか。ウィリアムス君! ワトソン君?」 そのとき、ワトソンはふと、さっき日本の青年の一人がランプの光で字を認《した...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:01 pm  

いつもは寡言《かごん》な提督《ていとく》ペリー

「しかし、ゲビス君!」いつもは寡言《かごん》な提督《ていとく》ペリーが、重々しい口を開いた。「私も、あの青年たちの希望を遂げさせたいという感情においては、君と異らない。が、しかし私は横浜において、合衆国の国家と日本の国家との間の条約を結んだ。その私は、私情をもって、日本の法律に背《そむ》こうとする日...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:00 pm  

会議の傾向

「じゃ、我々はこの青年たちの請《こい》を斥《しりぞ》けた方が、無難だというのですか」 会議の傾向が、拒絶に傾いてくると、ゲビスは躍起になっていた。「我々は、こんな些細《ささい》なことで、日本政府と事端《じたん》を構えるのはよくないことだと思う」 艦長は、さっきから拒絶を主張していた。ゲビスは、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0105 sec.

http://gamewag.com/