サービス係の言葉

 金博士は、サービス係の言葉を押し止《とど》め、「何かこう、古くて役に立たない飛行機があったら、一つ売って貰いたいものじゃが、どうじゃろう」「古くて、役に立たない飛行機といいますと」「つまり、翼《よく》が破れているとか、プロペラの端《はし》が欠《か》けているとか、座席の下に穴が明いとるとか、そういうボロ飛行機でよいのじゃ。兎《と》に角《かく》、見たところ飛行機の型をして居り、申訳でいいから、エンジンもついて居り、プロペラの恰好をしたものがついて居ればいいのだ」「そういう飛行機をどうなさいますので……」「なあに、わしが乗って、自分で飛ばすのじゃ」「そんな飛行機が飛ぶ道理がありませんですよ」「わしが乗れば、必ず飛ぶんだ。詳《くわ》しいことを説明している暇はないがね、兎に角、そういう飛行機を売ってくれるか売ってくれないか、一体どっちだい」「売ってさし上げても差支《さしつか》えはないのでございますが、生憎《あいにく》そんなボロ飛行機は只今ストックになって居りませんので……」「無いのかい。そ、それを早くいえばいいんだ。この忙《せわ》しいのに、だらだらとくそにもならん話をしてわしを引きつけて置いて……ほう、早く行かにゃ、大先生と約束の時間に、○○へ入市できないぞ」 博士は腕に嵌《は》めた大きな時計を見、例の大きな三つのトランクを軽々と担ぐと、大急ぎで飛行場を出ていった。 後を見送ったサービス係は、長大息《ちょうたいそく》と共に小首《こくび》をかしげ、

— posted by id at 04:06 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1673 sec.

http://gamewag.com/