いつもは寡言《かごん》な提督《ていとく》ペリー

「しかし、ゲビス君!」いつもは寡言《かごん》な提督《ていとく》ペリーが、重々しい口を開いた。「私も、あの青年たちの希望を遂げさせたいという感情においては、君と異らない。が、しかし私は横浜において、合衆国の国家と日本の国家との間の条約を結んだ。その私は、私情をもって、日本の法律に背《そむ》こうとする日本人を扶《たす》けることはできない。が、私は望む、知識に渇《う》えている日本の青年が自由にわが国に到来する日が、間もなく来ることを。そして現在この二人の青年に対する庇護《ひご》を拒むことは、かえってそういう未来の近づくのを早めるゆえんではないかと思う」 ゲビスはちょっと頭を傾けたが、またすぐ叫んだ。「閣下、貴下の言葉は私を首肯《しゅこう》させる。が、しかし公明正大な好奇心によってわが国へ渡航せんとするこの愛すべき青年の身の上を考えてやって下さい。われわれが彼らを拒絶することは、彼らを断頭台《だんとうだい》へまで追い上げることを意味している。われわれは、彼らを陸《おか》へ追いやれば、彼らはすぐ政府の役人によって捕縛《ほばく》されるだろう。そして、日本の峻厳《しゅんげん》な法律は、彼らの首を身体から斬り放つだろう。我々合衆国人の渡航によって好奇心を起し、我々の故国を慕うものを、われわれの手によって、断頭台の上へ追い登らせることは、アメリカ合衆国の恥ではないか。われわれの大統領が、われわれを日本へ送ったゆえんは、形式的な条約を結ぶためではない。孤島《ことう》のうちに空しく眠っている可憐な国民を、精神的に呼びさますことではないか。しかるに、今われわれの喚問《コール》に最初に答えたこの愛すべき先覚者、国民全体の触覚ともいうべき聡明叡知《そうめいえいち》なる青年の哀願に、聾《し》いたる耳を向けるということは、われわれが帯びている真の使命に対する反逆ではなかろうか。二人の青年を、日本政府の役人の目から隠して、日本政府の感情を傷つくることなしに本国へ送ることは、もしそれをやろうと思いさえすれば、はなはだ容易なことである。私は、提督がわが国建国以来の精神たる正義と人道との名において、この青年の志望に耳をかさんことを切望するものである」 ゲビスの熱弁は、すべての人を動かした。剛復《ごうふく》な、かつて自説を曲げたことのない艦長でさえしばらくの間、黙っていた。

— posted by id at 04:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1690 sec.

http://gamewag.com/