雨が間もなく降り出し

「泥棒をするのが難しいことが、初めてわかったぜ」 勝気な寅二郎は、そういって笑ったが、雨が間もなく降り出し、保土ヶ谷の宿へ丑満《うしみつ》の頃帰ったときは、二人の下帯まで濡《ぬ》れていた。 十一日、十二日と二人は保土ヶ谷の宿で、悶々《もんもん》として過した。 十三日は空がよく晴れ、横浜の沖は、春の海らしく和《なご》み渡った。今夜こそと思っていると、朝四つ刻《どき》、黒船の甲板が急に気色《けしき》ばみ、錨を巻く様子が見えたかと思うと、山のごとき七つの船体が江戸を指して走り始めた。海岸警衛の諸役人が、すわやと思っていると、羽田沖で急に転回し、外海《そとうみ》の方へ向けて走り始めた。 一艘はそのまま本国へ、他の六艘は下田へ向ったという取沙汰であった。 寅二郎と重輔は、黒船の動き出すのを見ると、口惜し泣きに泣いたが、下田へ向ったのを知ると、すぐ保土ヶ谷の宿を払って、その後を慕った。 鎌倉、小田原、熱海と泊って、今日三月十七日熱海を立ったのである。 二人が、伊東へ一里ばかりの海岸へ来たときに、道の両側に蜜柑畑があり、その中には早しらじらと花の咲いたのがあって、香《かん》ばしい匂いが、鼻を衝いた。二人が蜜柑畑の中の畔《あぜ》に腰を下ろして、割籠《わりご》を開こうとしたときだった。蜜柑の畑の中に遊んでいたらしい子供が声を上げた。「やあ! 千石船が通るぞ。やあ、千石船よりもまだ大きいぞ。しかも二艘じゃ」 寅二郎は、なんの気もなく海上を見た。見ると、海岸から一里も隔っている海上を、異様な怪物が、黒色の煙を揚げつつ疾駆《しっく》しているのだった。それは、夢にも忘れない黒船だった。今日は、その三重の帆を海鳥の翼のごとく広げ、しかもそれでも足りないで、両舷の火輪《かりん》を回して、やや波立っている大洋を、巨鯨《きょげい》のごとく走っているのだった。「見られい! あの勢いを」 寅二郎は敵愾《てきがい》の心も忘れて、嘆賞した。

— posted by id at 03:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1609 sec.

http://gamewag.com/